書店での御注文の際は、開発社発売、六花書林発行とお申し付けください。
直接お申込の際は、郵便振替同封、送料小社負担でお送りします。
お申込はメールもしくは電話、FAXにてお願い致します。
Tel:03 - 5949 - 6307
Fax:03 - 3983 - 7678
Mail

2005-06 | 07-08 | 09-1011-1213-1415-
 
 

 

内藤明第四歌集
『夾竹桃と葱坊主』



やや重きスタッカートを聴きながら
大和の歌を文字に追ひゆく

壮年の充実の日々、時折歩みを止める。
景色はとどまることがない。

深まりゆく思索のなかで、
おだやかな抒情が昇華し、
詩境が自在に飛翔する。

平成20年12月25日発行
A5判上製カバー装180頁
音叢書
定価:本体2700円[税別]
装幀/真田幸治

 

 

本間次郎第一歌集
『間奏曲』



目の限り気怠き桃の花がすみ
間近に寄れば力ある花

作品からは積極性のある芯の強い真っ直ぐな性格が読みとれる。妙な屈折がなく前向きなのである。おそらく病みがちな肉体を保守しながら、健全な社会生活を営もうと努力することにより、精神的には人一倍鍛えられたものであろう。
(蒔田さくら子・跋より)

平成20年11月17日発行
四六判上製カバー装224頁
定価:本体2500円[税別]
装幀/真田幸治

 

 

熊谷龍子第五歌集
『無冠の森』



〈父の樹〉とよぶ樹の陰に稚児百合が
咲きぬ 未生のこどもように

視野の限りの夏緑林は、一様にこの季を謳歌しているように見える。そこには、人界のような位もなければ、まして序列もない。位階をもたない樹木たちは実に伸び伸びと〈適地適木〉を全うしている。この界こそ、〈無冠〉という言葉が相応しい。
(「あとがき」より)

平成20年10月30日発行
四六判上製カバー装224頁
定価:本体2100円[税別]
装幀/真田幸治

 

 

野田節子第一歌集
『山巓』



山靴にびつしり露がたまりゆく熊笹わけて草原登れば

夫とともに巡る山々。
短歌形式を通し、来し方を振り返り、
豊穣なる時間の断片を詠み継ぐ。
昭和三十七年から現在までの作品を収録。

平成20年9月27日発行
四六判上製カバー装264頁
定価:本体1800円[税別]
装幀/真田幸治

 

 

大辻隆弘 著
『時の基底 
短歌時評98−07


短歌はこんな風に世紀を超えた

ニューウェーブから遠く離れ、
ひたむきに短歌を捉えなおし、
時代と自分の信念を
真摯に切り結ぶ渾身の93篇

【本書の主な内容】
加藤治郎と九〇年代、岡井隆の国家観、ネット歌人は傷つかない、ブンガクになりたい病、穂村弘と釈迢空、俵さんが泣いた日ほか……

平成20年9月9日発行
四六判上製カバー装336頁
定価:本体2800円[税別]
装幀/真田幸治

 

 

加藤和子第一歌集
『初めての物語』


さみどりの庭に夕光翳るとき一本の木がわれに近づく

陽にきらめきながら海へと流れてゆく水。私の歌も大海へ運ばれてやがて消えてしまうことでしょう。それを良しとします。
(「あとがき」より)

平成20年8月23日発行
四六判上製カバー装198頁
定価:本体2500円[税別]
装幀/真田幸治

 

  東海林文子第一歌集
『無音の行進曲(マーチ)』


自虐や閉塞を引き込まないのは、現実生活に根をおろして、しっかりと生きてゆく人の賢明な知恵というものであろう。考えないのではない。考えることを意図的に操作しているようなところがある。
(蒔田さくら子・跋より)

平成20年7月8日発行
四六判上製カバー装204頁
定価:本体2500円[税別]
装画/堀藍
装幀/真田幸治
 

  佐久間圭子第一歌集
『つき草』


この一冊を読むと、佐久間さんが古代の詩歌や短歌に出会うことで、自分の中に留めてきた記憶や現在の感情に言葉を与えることを発見し、それを次々に歌として紡いでこられたことが如実に知られる。そして古代の歌とも_がるひとすじの歌の流れがそこにある。
(内藤 明・跋より)

平成20年5月9日発行
四六判上製カバー装192頁
定価:本体2500円[税別]
装幀/真田幸治
 

  関谷恒久第一句集
『棚田ゆく月』


傘寿を記念して刊行
昭和25年〜36年及び平成10年以降の作品を収録
序・日向野花郷
 棚田ゆく月も棚田を下りてくる

平成20年3月17日発行
四六判並製カバー装126頁
定価:本体1500円[税別]
装幀/真田幸治
 

  本多稜第二歌集
『游子』


第13回寺山修司短歌賞受賞

現代歌人協会賞受賞作『蒼の重力』につぐ待望の歌集。歌で世界を整理し、自分のうちに取り込もうと試みた3年間の作品600余首を収録。

平成19年12月22日発行
A5判上製カバー装212頁
定価:本体3000円[税別]
装幀/真田幸治
 

  鎌家さきえ第二歌集
『蝋梅坂』



老いてますます自在な心境を手にした著者の第二歌集。旧武蔵国、恋ヶ窪にいまもある「蝋梅坂」。そのほとりに棲み幾十年の著者は言う。「いま、ここで短歌をやめたら私はただのばばぁになっちゃう」と。
(永田典子・帯より)

2007年12月16日発行
日月叢書第38篇
四六判並製カバー装136頁
定価:本体1800円[税別]
装幀/真田幸治
 

  永嶺榮子第二歌集
『風光る』



とりあえず上京というつもりで故郷津和野を出てから二十年。遂に著者は次女達の住む浦安を本居とするまでになった。家族と共にある日々は幸せながら、残してきた津和野の家への思いも断ち難く、屈折した感情もあろうが、志向は前向き、感受には生気がある。長い人生のその折々の辛酸を賢明に超えてきて、いま自在な目配りとのびやかな表現を手に入れた著者の第二歌集である。
(蒔田さくら子・帯より)

2007年11月17日発行
四六判上製カバー装196頁
定価:本体2500円[税別]
装幀/真田幸治
 

  内藤芳生第一句集
『夕映え』


米寿を記念しての刊行。
序に代えて・長田喜代子

 商才もなくながらふる西鶴忌
 ハナハトの読本もあり冬温し
 特攻の遺書読みて出づ秋の暮

2007年11月17日発行
四六判並製カバー装166頁
定価:本体2000円[税別]
装幀/真田幸治
 

  金沢早苗第三歌集
『パンジャブ木綿』


生きることは楽しいと思わせる近頃稀な歌集である。著者が楽天的だからではない。幼い頃から身近にある海を見て、慰めと勇気とときめきを与えられ続けて来たという著者は、その街横須賀をこよなく愛している。丘の上に小さな灯を点して、日々を大切に丁寧に生きている人の高すぎず低すぎぬ視線の健やかさが、快い作品として結晶しているのである。
(蒔田さくら子・帯より)

2007年10月19日発行
四六判上製カバー装
208頁
定価:本体2600円[税別]
装幀/真田幸治
 

  若林のぶ第九歌集
『鳥は鳴くII


歌歴半世紀以上の著者最終歌集。
2年間の作品を収録。

 八十の日だまりを得る
 目に見えて梅のふくらむ狭庭を巡り

2007年10月25日発行
四六判並製カバー装
90頁
定価:本体1500円[税別]
装幀/真田幸治
 

  大辻隆弘著
『岡井隆と初期未来

           若き歌人たちの肖像


【再版出来!】
岡井隆、相良宏、福田節子、吉田漱、細川謙三、 稲葉健二、山口智子、そしてY。

……彼らは、時にお互いを苛みあい、傷つけ合いながらたった一点、歌に拠って生きるしかないという切羽詰った思いで繋がりあっていた。そこには歌に賭けた青春があった。歌に賭けるしかなかった激しい日々があった。
(「あとがき」より)

2008年8月25日再版発行
2007年8月25日初版発行
四六判上製カバー装
390頁
定価:本体3000円[税別]
装幀/真田幸治
 

  内藤健治第一歌集
『銀河への哀歌』

学生時代からの作品を収録する1975年生れの新鋭の第1歌集。
・銀河への哀歌とともに微かなる
 げにかすかなるこの温もりを

2007年8月17日発行
四六判並製カバー装
124頁
定価:本体1800円[税別]
装画/小野敬司
装幀/真田幸治
 

    『仙波龍英歌集』

※品切れ

夕照はしづかに展くこの谷のPARCO三基を墓碑となすまで

都市の風俗を取り込み、
固有名詞を駆使しながら、
時代を駆け抜けた奇才。
いま甦るライト・ヴァースの嚆矢。

『わたしは可愛い三月兎』(紫陽社版)『墓地裏の花屋』の短歌作品、訪問記(高田流子)、書き下ろし解説「メモワール仙波龍英」(藤原龍一郎)を収録。

2007年8月6日発行
A5判並製カバー装
156頁
定価:本体2000円[税別]
装幀/真田幸治
 

  鶴田伊津第一歌集
『百年の眠り』

ひとりからふたりへ、
そして…。
時の移ろいに身を寄り添わせ、
こぼれてゆく思いの滴。
暮らしのなかの吐息が
言葉に生まれ変わる。

栞・佐伯裕子、大松達知、小池 光
1997年から10年間の作品を収録。

2007年7月28日発行
四六判上製カバー装
188頁
定価:本体2400円[税別]
装幀/真田幸治
 

  染宮千鶴子第二歌集
『倫敦塔まで』

元気だから行動するのではない。みずからを励ましながら行動することによって著者は元気になってゆくようだ。そして、人生の第二ステージに立って、パワフルに行動範囲を広げ、前歌集の作品世界をさらに深めつつある。    
(三井ゆき・帯より)

2007年5月24日発行
四六判上製カバー装
174頁
定価:本体2300円[税別]
装幀/真田幸治
 

  栗明純生第三歌集
『グローバル・スタンダード』

とりわけハードな外資系の金融機関に身を置く著者の硬軟とりまぜた直情の歌は、一瞬たじろぐほどに無防備である。きっと著者はそれだけこの詩型を信頼しているのだろう。職場での顔、家庭での顔、男としての顔、本集に見られる著者の顔はさまざまであるが、そのいずれにも全く気取ったところがない。そこがまた本集の大きな魅力である。
(中地俊夫・帯より)

2007年3月6日発行
A5判上製カバー装
154頁
定価:本体2500円[税別]
装幀/真田幸治